サークルで活動以外も楽しむために役立つインフォメーションサイト

サークルのメリット・デメリット

主なサークルのメリット

クラブ活動や部活動と同じく、同好の士が集まって活動するサークルにはクラブ活動や部活動と同様に、同好の士同士で活動をでき、情報交換や交友関係を築きやすくなりますし、小中学校や高校とは違い、個人での活動が主体となる大学や短大、社会において、人間関係を構築したりコネクションを作ったりすることができる場としての機能を有しているのです。

大学や短大、社会における人間関係は、小中学校や高校までに比べると、格段に築きにくくなっており、交友関係を築くことができれば、コネクションを構築でき、職種にもよるものの、このコネクションが、就職や就職後の社会において重要で、クラブ活動や部活動での同期や先輩後輩とのコネクションともまた違ったコネクションを築くことができる可能性があることこそサークルにおけるメリットと言えるでしょう。

主なサークルのデメリット

同好の士と趣味を楽しむだけでなく、新たな人間関係を築き、コネクションの構築にもつながるサークルですが、残念ながらメリットばかりではありません。

例えば、サークルは大学生や短大生、社会人を構成員とする性質上、飲酒可能な人員が多分に含まれていることから、飲み会が頻繁に行われやすく、所属サークルが飲み会のような集団での飲酒と集団での飲酒の場を好む構成員を中心としていたり、サークルの中核メンバーに飲酒や飲み会を好んでいたりすると、頻繁に飲み会に参加しなければならないわけです。

加えて、サークルにつきものである、一般的なサークルを隠れ蓑とした、犯罪グループ誘因サークルや宗教勧誘サークルなどのサークルが存在するリスクも、サークルのデメリットとなります。


この記事をシェアする